会津若松市の移住者交流会(情報発信の勉強会)に参加しました

こんにちは。東京在住のフリーランスWebデザイナーの古川です。

現在、会津に滞在しています。

今回の会津に来た目的の一つは、会津を元気にする会が定期的に行っている、あいづ移住者交流会に参加することでした。

この交流会は、移住した人、移住したい人、受け入れる地元の人など、移住に関わる人たちが、自由に参加することができます。

あいづ移住者交流会には毎回テーマがあり、今回は、【会津の情報発信の現状と、私たちにもできる情報発信を一緒に考えませんか?】というテーマでした。

イベントページはこちら

会場は、会津若松の大町のロータスでした。

会場となったロータスは、ものづくり体験ができるまちの駅です。会津若松駅から、徒歩だと少し歩きますが、ここでパソコンをいじっていても、問題なさそうな雰囲気です。

メニューはドリンクのみです。

会津若松駅付近は、あまり時間を潰せるところがありませんが、ロータスは、神明通りがある町の中心部よりは、会津若松駅から近い場所にあります。

ロータスには起き上がり小法師のガチャがありました。
七日町のインキュベーション施設、会津よろづやのお弁当。
優しい味で、女性にちょうどいい量です。

まずはお弁当を食べて、場が和んだあと、それぞれの自己紹介、次に、グループごとに話し合いを行いました。

参加者は約20人、男女、半々ぐらいで、年齢や職種はバラバラという、多様な参加者による交流会となりました。

あいづ移住者交流会は定期的に行われています。

会津を元気にする会のfacebookページをフォローすると、あいづ移住者交流会のイベントをチェックすることが出来ます。

熱気のある楽しい時間を過ごすことが出来ました。このテーマで定期的にイベントを開催してほしいものです。

最後に、あいづ移住者交流会とはまた別で、私が喜多方市塩川町でこれから行うホームページ無料相談会の告知をさせていただきます。

今回の、私の会津滞在の一番の目的はこちらです。

会津を好きな、会津以外にお住まいの方はよくご存知かと思いますが、ネット上には、あまり会津の情報がありませんよね。

なので、外からはよくわからないのですが、一度、会津の人たちとつながりを持つと、毎週のように、どこかで楽しいイベントが行われています。

そういったものを、facebookで会津の人はよく発信しているのですが、それだと知り合い以外に見てもらいにくいのが現状です。

もっと、地元の人達が、外に向けて発信することで、地元の人と、他の地域の人との交流が活発になり、会津を元気にしたいということで、活動をはじめました。

会津以外の方も、この記事をご覧になって、興味を持たれた方は、お気軽にお越しください。

広告

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子

喜多方市出身。福島大学卒。都内と福島県でフリーランスのWebデザイナーとして活動しています。小規模なホームページ制作が得意です。会津若松市で不定期に情報発信講座を開講中。講座やグループレッスンなどご相談に応じます。お気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@rindouwebdesign.com