「会津」と「たこ焼き」

こんにちはー!!

みなさんは、友人や家族とたこ焼きパーティーをしたことありますか?

タコ以外の具材にチーズを入れてみたり、キムチや餅

納豆や・・たくわんなども・・なんでもありな たこ焼き

家庭で簡単に作れる反面、 お店で買う

ふわっふわっ〜とろ〜り 

アツアツで食べるたこ焼きも美味しいですよね! 

 

 

私はネギがもっさもっさトッピングされているのが好きです! 

あと家庭で作るたこ焼きだと プレートの端っこで 

たこ焼きにならなかった、カリッカリになった生地を

ポリポリって食べるのも割と好きです笑 変わってる!?

たこ焼きって実は・・・

「会津」

と密接な関係があるんです!!!

って言われても全然、ピンとこないですよね

  

こちら 大阪梅田にある 会津屋さんです

がっつり たこ焼きの元祖って書いてありますね

ってことで・・・・・

早速・・!注文してきたぜ!!!!元祖たこ焼き!!!

でっでーーっん!! 

そうなんですよ ソースもマヨも鰹節もかかってないです!!

店員「出汁が効いてるので、そのまんま召し上がってください!」

 あ・・でも めっちゃ熱いんで気をつけてください!

 

はーい!では 元祖たこ焼き いただきまーーーす!

(ちょっと熱かった・・・うまぁ)

入っている出汁が美味しいねぇ〜!

中はもちろんとろ〜りといているけれど

こうやって 何もかけないたこ焼きもいいねーーー!

あーーー!!!もう酒もってこいい!!!!!!

会津屋さんの創業者 遠藤留吉 明治40年会津坂下町に生まれ

昭和の初めに、自分で値段をつけられる商売がしたいー!

っていうことで屋台を始めたそうです

最初はたこ焼きではなく ラジオ焼きという

たこ焼きの生地の中に 

牛スジとこんにゃくが煮込んである具がはいってます!

 

むしろ、私はこっちが好き!!!

関西では「すじコン」って言われて

暖かい家庭の味なんですって〜! 

これが関西のおふくろの味なんだなぁ

創業者の遠藤さんが何回も何回も試作を繰り返して

朝から晩まで たこ焼きを食べてたらしいです。

どんだけワクワクしてたんですかね!

大人もこどももおじいちゃん おばあちゃんも

みんな ニコニコしながら食べれる素晴らしい食べ物!

だから!美味しくて安くて手軽なものを作るんだ!って

奮闘している遠藤さん ってめちゃくちゃかっこいい!

 最後に

大阪で慕われている神様 ビリケンさん

手が短くて・・お腹が出てて 足が掻けないそうなので

足を掻いてあげた人のお願いを叶えてくれるそうです!

足を掻いてあげたレベルのお願いってなんだろう?

ってちょっと現実的に思ってしまいましたが笑

まずは痒そうなので 掻いてあげましょう!

広告

この記事を書いた人

大貫 和哉

大貫 和哉

会津若松市25年在住 
観光ガイドとして2,000人以上方をご案内して来ました。

歴史を知り、先人達がどんな想いで会津を築いてきたのか
それを知るだけでも、自分の生き方がガラッと変わりました!

会津の観光は難しい!特に歴史!!
知らないとただ「お城を登った!」「いっぱい歩いた」で終わってしまいます
会津は少しの知識さえあれば 
ここってこんなストーリーがあるんだ!
確かに!他の城にないものがある などなど

300%楽しめますので!
いっぱい記事を読んでから 会津へこらっせ〜!