紅葉を楽しみに会津に来る人〜!ここに来なくて帰っちゃいます?♫お勧め観光スポット

2019年11月3日現在 現在の会津若松市では山々は少し色づいて来ました!

会津はどこに進んでも四方が 山!山!山山!!山山山!です!

その分だけ、紅葉をみるスポットがいっぱいあるんですよ!

ネットで「福島 紅葉」「会津 紅葉」 ポチポチしてみると

奥会津、南会津、猪苗代などなど !色んなスポットが出て来ますよね

毎年 悩んでしましまいますね〜!!

同じ会津でも、高低差だったり 土地柄だったり

紅葉の見頃が1〜2週間違って来ますので 

事前にチェックしていくことをお勧めします!

紅葉を見に会津に来たのだから! ついでに ぜひ、ここに寄ってほしい!

白虎隊 自刃の地「飯盛山」

「あっ! なんか聞いたことある!」

「あの有名なやつだよね〜!歴史の授業で聞いたことある!」

 でも・・・この写真を見て

げっ!!階段がいっぱいある!!めっちゃ登る!絶対無理無理無理って!

階段アレルギーを発症した人はいませんか??

 

大丈夫です 安心してください♫

エスカレーターがございます(有料)

 

飯盛山はちょっとだけ知識がないと・・・

「階段とお墓と見晴らしの良い場所」があったね〜って終わってしまいますので ちょっとだけ知識をお伝えしますね

この場所はどう言った場所かと凄く簡単に言うと・・・

151年前に戊辰戦争が会津であり 旧幕府軍(会津)VS新政府軍

高校生〜中学生くらいの

若い会津藩士達→「白虎隊」が味方の援軍要請のため

出陣し、圧倒的な戦力差によって敗走・・・一夜を空けて・・

仲間も傷だらけ、ご飯も食べていない、夜もろくに寝れていない状態の中

地元の人しか知らない、人工的に作られた農業用の水路を通って

飯盛山という山にへろへろになりながら辿りつきました。

そこからは城下が見え・・・・

城下は火の手がいたるところで上がっています・・・

そう・・敵である新政府軍が城下にいるのです!!

ここでひと昔前にあった通説だと

城下が燃えていて白虎隊士はお城が落城して陥落しているのだと

周りが木に囲まれている場所に鶴ヶ城があります。

勘違いをして 殿の後を追って自刃した。

と多くの人は聞いているのだと思いますが

その場で唯一生き残った 飯沼貞吉さんが残した文によれば

「城まで行き篭城をしよう!」「城下で敵と戦い玉砕しよう」など意見が別れました。

どちらにせよ 城下にいかなければなりません

白虎隊士達のコンディションは最悪、 傷ついている仲間もいる、飯も食べていない 夜も寝ていない

濡れていているので 体力の消費も凄かったと思います。

もしかしてしまったら・・捕虜になってしまうかもしれない

会津藩の足かせになるのではないか??など長い時間話し合い・・・

「自刃」というのを選択しました・・・

白虎隊のことを知って、飯盛山から会津若松市内を見てみたら・・

それぞれ どんな事を思い浮かべるでしょうか??

ちょっと想像してみたり、大切な人を思い浮かべたり・・・

自分なりに何か想いを味わうことができたら

きっと とっても深い〜旅になります!!

 

階段を登った広場には 白虎隊士のお墓がありますので

行ったら、ぜひ手を合わせてみてはいかがですか?

途中、美味しそうな誘惑があるので・・・ぜひ!

広告

この記事を書いた人

大貫 和哉

大貫 和哉

会津若松市25年在住 
観光ガイドとして2,000人以上方をご案内して来ました。

歴史を知り、先人達がどんな想いで会津を築いてきたのか
それを知るだけでも、自分の生き方がガラッと変わりました!

会津の観光は難しい!特に歴史!!
知らないとただ「お城を登った!」「いっぱい歩いた」で終わってしまいます
会津は少しの知識さえあれば 
ここってこんなストーリーがあるんだ!
確かに!他の城にないものがある などなど

300%楽しめますので!
いっぱい記事を読んでから 会津へこらっせ〜!