会津若松市のICTオフィスビル「AiCT」エンジニアの話を有楽町で聞いてきました

東京在住、会津でも活動しているWebデザイナーの古川です。

少し前のことですが、2019年8月31日に、有楽町の交通会館にある、ふるさと回帰支援センターで、会津若松市の移住系のイベントに参加しました。

会津若松市は今、スマートシティとしていろいろ頑張っており、その象徴となるオフィスビルが、鶴ヶ城の目の前に建っているAiCT(アイクト)です。

このビルには、有名な外資系コンサル会社のアクセンチュアを始め、IT企業のオフィスが入っています。

聞き慣れない名前ですが、アクセンチュアは、東大・京大2021卒の就職人気ランキングの1位の会社なんだとか。

このアクセンチュアは、日本国内にいくつかの地域に拠点を持っていて、そのうちの一つが会津若松市ということなんだそうです。

ちなみに、震災以降に会津若松市にはたくさんのIT企業が入って、アクセンチュアもその一つだったようなのですが、今でも残っているIT企業は少ないとのことでした。

そんな中、会津に残ったアクセンチュアの方も登壇された交流会が、8月31日に、有楽町の交通会館にある、ふるさと回帰支援センターで行われたので参加してきました。

イベント詳細はこちら

主催は住んでみらんしょ。会津若松(会津若松市定住・二地域居住推進協議会)

金山町の炭酸水に、酪王乳業のカフェオレ、長門屋のお菓子など

ところで、ご存じない方も多いかと思いますが、会津若松市には、会津大というコンピューター系の大学があります。

最近だと小惑星探査機「はやぶさ2」のメンバーに会津大の人たち参加していることでも話題になりました。

そんなわけで、(株)アクセンチュアのマネジング・ディレクターの相川英一さん、会津大の卒業生でもある(株)デザイニウム代表取締役の前田諭志さん、(株)エヌ・エス・シーのICTソリューション事業部部長 山内恒幸さんと、トークセッションのあとは、お菓子を食べながら交流してきました。

このイベント告知に「採用に向けの面接もできるかも?」という言葉が書いてあるのですが、アピールできることがあれば、本当に、会津での就職のチャンスがつかめたイベントだったと思います。

特に就職の予定がなかった私は、気負うことなく、和気あいあいと、楽しく交流することができました。

会津で就職したい方は、住んでみらんしょ。会津若松(会津若松市定住・二地域居住推進協議会)のfacebookページをフォローすると情報が入ってきます。

会津の人は、facebookをすごく使うので、就職に限らず、会津の情報収集には、facebookはすごく有効です。

広告

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子

喜多方市出身。福島大学卒。都内と福島県でフリーランスのWebデザイナーとして活動しています。小規模なホームページ制作が得意です。会津若松市で不定期に情報発信講座を開講中。講座やグループレッスンなどご相談に応じます。お気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@rindouwebdesign.com